ピラティスの始まりは?

そもそもピラティスはどのように始まったのか?


ピラティスはジョセフ・H・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した
兵士のリハビリのために開発したエクササイズです。

ヨガや太極拳などのエッセンスを取り入れ、1900年初頭に考案されました。


そもそもがリハビリのために開発されたものなので、体に負担をかけずに
体調を整えることができる
のが特徴です。


ところでヨガとピラティスの違いってなんでしょうか?
どちらも似ている気がしますが・・・。


ピラティス氏が開発するときにヨガや太極拳を取り入れたため、
ピラティスとヨガは同じようなもの」と認識されている方もいるよう
ですが実際に両方を体験してみると、その大きな違いを感じます!


例えば呼吸法は、
ヨガは腹式呼吸(体の中心いわゆる丹田に力を集める)で
ピラティスは胸式呼吸(胸郭をしっかり開閉する)という違いがあります。

また、ヨガはゆったりとし、静止してポーズをとりますが、
ピラティスはつねに体を動かします。

といったような違いがあるのです。



やくにたった!と思われる方は応援お願いします!

人気blogランキングに投票

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17436816

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。