ピラティスをボールを利用してやる方法

ピラティスの教材にはほとんどが道具を使わない(マットぐらい^^;)方法が
紹介されていますが、エクササイズボールを使ったピラティスをゆうさん
から教えていただいたので、公開しますね!

ゆうさんて誰?という方はこちらをご覧ください。

ピラティス体験記-ゆうさん編@
ピラティス体験記-ゆうさん編A

ボールを使ったものをいくつか紹介させてもらいます。
といっても、基本にプラスする程度のことだと思います。


 ありがとうございます^^
 基本の動きをバージョンアップですね。。


が、腿の内側を意識しやすくなるので腿のトンネル作り、
キープにはオススメだと思います!


 おおっ!私のようにジーンズの内股の部分がすれて破けてしまう人に
 もってこいですな!(笑)


まずはボールを膝に左右均等の力で挟み、骨盤の安定を意識して、
足をテーブルトップポジションにしたり、おろしたり・・・


 つまり、仰向けに寝て、床に垂直にひざを上げ、ひざ下は床に平行に
 なる状態ですね。ここにボールを挟む、と。。


ハンドレッドをするときにひざにしっかりボールを挟んだ状態で
行ってみるとか・・・


 すいません^^;それってキツクないですか?
 
 ハンドレッドについてはこちら


また、スパインツイストのとき胸の前でボールを持ち体をひねって
みてください。


 ほうほう。なるほど。
 スパインツイストはこちらです。


全てに言える事ですが、ボールにかかる圧が左右均等かどうかを
確認してみてください。
自分ではやってたつもりでも、意外と力が偏ってたことに気づか
されたりします。


 確かにそうですね。いかにピラティスでコアを鍛えても、
 力のかけ具合が違っては、バランスが悪くなり、ピラティス
 効果が減ってしまいますね。


ちょっとした工夫で意識のもっていき方がが変わったり、
いつものエクササイズの気分転換やバージョンアップにつながる
と思います。 怪我のない範囲で頑張ってみてください。


 これはピラティスだけでなく、他のエクササイズや、はたまた
 英語の学習などにも言えますね。



以上、ゆうさんから教えていただきました!

また、ゆうさんはこんな素敵なコメントをくださいました↓

今日は筋肉痛にはさほどなってませんが、なんか体が締まった
感じがすごくしています。

やればやっただけ体は応えてくれるし、 怠けたら怠けただけ体に
出るんだなと思いました。

あたしもちょくちょくピラティスやストレッチの情報を発信しよう
と思っています。

なにせブログを始めたばかりのひよこなもんで・・・ では、
奥様にあまり無理をせず、自分のできる範囲で頑張るように
お伝えください。腰痛がちゃんと直るといいですね!



あ〜ん、もういい人やわぁ。

ゆうさんのサイトのほうにも遊びに行ってくださいね!

ゆうさんのサイト
↑サイト名はサイトに行ってのお楽しみで^^



やくにたった!と思われる方は応援お願いします!

人気blogランキングに投票

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17577491

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。