ピラティスでいよいよバストアップ!

さあさあ!いよいよバストアップです。

その前に一つ。。

じつはこれはピラティスでなくヨガの一つですΣ(^▽^;)
(ラクダのポーズといいます。)

すいません!許してください!!

でも、効果はもちろんありますので、チャレンジしてください!


(1)
膝立ちになり、脚は骨盤幅に開き、足は指を立てます。

腰を入れ(骨盤を正面に向けて立てるイメージ)、丹田(おへその少し下辺り)
を意識し背筋を天井へと伸ばします。

この状態で<息を吸って>準備します。


(2)
<息を吐きながら>アゴを引き胸に近づけたまま、
左手を左かかとに添えます。

結構きついですが、腹筋と背筋で上体をキープ!
(息を止めないように気をつけましょう。)

その状態のまま、<息を吸い>ます。


ちなみに手を伸ばせば「Z」の形になります。
いや、大きな意味はないです。。


(3)
<息を吐きながら>今度は、右手を右かかとに添えます。

両手をかかとに添えたまま、肛門の周りの筋肉に力を入れ、
骨盤を締めます。


(4)
<息を吐きながら>アゴを上へ、喉を伸ばし、目線はおでこへ向けます。
ちょうど喉仏を天井に届かすようなイメージです。

肩甲骨を寄せ、胸を開きながら、恥骨と骨盤を前へ突き出します。

じっくりと肩甲骨は締め、胸は肋骨一つ一つ開いていくイメージです。

20秒間、呼吸を繰り返しながらポーズをキープします。


このラクダのポーズは、背中やお腹の筋肉も必要な難易度の高い
ポーズです。

また大腿筋(太ももの筋肉)もつかいますね。


慣れるまでは無理をしないようにしましょう。
呼吸を止めないよう、少しずつゆっくりと上体を反らしてみてください。


また、猫背の方は特にこのエクササイズでしっかり肩甲骨を
やわらかくして、猫背解消&上向き立体バストをゲット
です!

(参照 AllAbout)

ピラティスで胸と腕の筋肉をやわらかく。

バストの大きさ・形は人それぞれですが、その重み(脂肪)を支え、
バストの土台となっているのが大胸筋です。

実は、乳房の大きさに対してこの大胸筋が弱いと、下向きになったり
垂れ足りする
わけですΣ(゚Д゚;)

というわけでピラティスで大胸筋を鍛えて美乳を目指しましょう!


まずは、ストレッチで大胸筋を伸ばして柔らかくします。
腕や背中も同時にストレッチできるので、姿勢もよくなります。


(1)
脚は骨盤の幅に開き、足の裏はしっかりと床につけます。
背筋を伸ばして、浅くイスに腰掛けます。

両手を横に大きく開き、手のひらは正面を向けます。

ここで<息を吐ききって>準備します。


(2)
<息を吸いながら>手のひらを天井へとねじり、胸を大きく開きながら
上体を反らします。

ぐ〜っと胸の肋骨が開いていく感じを想像してください。


(3)
今度は、<息を吐きながら>親指を下へとねじり、顔はおへそを見て、
肩甲骨を開きます。

この(2)と(3)を交互に、上下5回ずつ行いましょう!


これを行うことで、胸と肩、背中がほぐれます。

あっ!じっくりやると二の腕にも効きますね^^


(参照 AllAbout)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。