ピラティスで背中側を魅せるやり方

各部位ごとにコンプレックスを持っていて、各部位を何とかしよう!

とする部分やせは、一時的にはよいが十分注意しなければバランスが悪い
スタイル
となってしまいます。


そうならないためにもここで紹介するピラティスはふくらはぎ〜
太ももの裏側〜ヒップ〜背筋と一度で4度(箇所)おいしいピラティスです!


(1)
仰向けに寝ます。両手はからだの横におき、手のひらを地面につけて
体を支えるようにします。

腹筋を意識して、骨盤の幅に足を開いて膝を立てます。
足は、お尻にやや近づけ気味にして、息を吸って準備します。


(2)
息を吐きながら、腰を床にぺったりとつけて、それからお尻〜背中を
浮かせていく。

じっくり息をはきながら、背骨のひとつひとつをゆっくりと順に地面から
離していくようなイメージで行いましょう。

ひざ〜肩が一直線になった状態で息を吸ってキープ。

息を吐きながら、あげたときと同じように背骨ひとつひとつを
上から床につけていき、(1)へ戻る。



だいたい、これを10回繰り返しましょう。

腹筋でもじっくりゆっくりと背骨を床から話していくイメージでやると
効果は高いです。つうか、キツイデス。。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。